2009年03月18日

[WBC]日本はなぜ韓国に野球で敗れるのか?

まず始めに、この事を言わせてもらおう。


韓国より日本のほうが、野球は強い!



なぜか?
アジアシリーズを見れば一目瞭然です。

日本、四連覇!

韓国は準優勝さえ、二度しかなってません。
日本のプロ野球選手のスターは、メジャーリーグに行っている。
それに加えて、12球団という参加国中最多のプロ野球団数。
 →つまり、それだけ良い選手が分散されている。

…にも関わらず、四連覇。

これは、日本の野球レベルが頭ひとつ抜けている証拠だ。


五輪やWBCがトップレベルの大会なので、負け越している事実から、
韓国より日本の方が、野球のレベルは低いのでは?と思っている人が多いだろう。
だが、シーズンみたいに100試合やったら、
間違いなく、勝ち越すのは日本だ。


では、なぜ代表レベルになると、日本は負け越すのだろうか?

それは、野球とベースボールの違いだ。


野球は、第一回WBCで有名になったのでご存知だろうが、
スモールベースボールのことだ。
盗塁にバント、ホームランは不要のつなぎ打線。
そして、投手が抑えて勝つ、というパターンだ。

もちろん、日本は野球。


しかし、韓国はベースボール寄りの野球なのだ。
韓国の四番を見たら分かるだろうが、
日本の四番である、稲葉や村田と比較しても、
彼らより、さらにもう一回りデカイのだ。

韓国は、ネット上のスラングで、
レイプが国技だの暴力的なイメージがあるだろう。
…実は、その通りなのだ(笑)

男は兵役があることもあり屈強で、力を見せ付ける。



…が、所詮はアジア人。

そのパワーもメジャーでは通用しない。

だからメジャーで、日本のイチローや松井が通用しても、
韓国ではせいぜい秋信守ぐらいのものだ。

つまり、パワー勝負に関していえば、
韓国は、
日本<韓国<アメリカ
という実に微妙な立場となる。

これが、韓国が(メジャー選手は参加できない五輪は除き)世界一になれない最大の要因なのである。


一方日本は、あのアマチュアNo.1といわれるキューバを6対0で倒したように、
世界一の投手力と世界一の小技を持っている。
この二つを組み合わせられれば、第一回WBCのように、
絶対的な世界チャンピオンになりうる力を持ってるのだ。


ここまでの話をまとめると、
日本は世界一の投手力と小技を持っている。
一方韓国は、微妙なパワーとそれなりの投手力を持っている。
ここまで書けば、
「そうか、だから日本の方が強いのか!」という誰でもこの結論になる。



…が、事実負けているのはなぜかをここから解明する。
まず、投手力は確かに日本に分があるのだが、
日本の投手は、先ほども言ったように、パワー勝負ではないのだ。
変化球を織り交ぜ、緩急を付けるいわゆる、かわすピッチングなのだ。

実は、これは接戦になった際に、大幅に分が悪くなる。
理由は、単純明快。
明らかに屈強な大人と貧弱な子供が喧嘩したら、10回中何回子供は勝つでしょうか?
10回中10回大人です。(10打数0安打)

一方、ジャンケンが異様に強い子供と屈強な大人がジャンケンをしたら何回子供は勝つでしょうか?
子供は勝ち越せるが、確実に負けるときがあるのです。(10打数7安打)

それがまさに今日の試合。
(投手目線で見て)ジャンケンに負けた数(ヒット数)は明らかに優勢なのに、
最終的に負けている。


最終的に言ってしまえば、
韓国のように、それなりに投手力があり、
日本に対して、パワー勝負を挑んでくるのは、非常に分が悪いのだ。


それに加えて原采配。
突っ込んで打って内野ゴロ連発のイチローはまったく変えないし、
5回に福留、城島と連打でノーアウト1,2塁でなぜかヒッティングという、
スモールベースボールを一切無視し、
パワー勝負に持ち込むという、負けモード一直線の展開へ。

ここで、バントしてワンアウト2,3塁で、
イチロー代打なら、高い確率で2対3になっていた。

でも私は、原監督の考えは理解できる。
5回に3点を一気に追いつきたかったのだろう。
だから、あそこでヒッティングという意味不明采配になったのだ。
これは成功していたら、原万歳だが、事実ゲッツー崩れで失敗した。
短期決戦でやるべき戦略ではないのだ。
短期決戦の大勝はまったく意味がない。
接戦でも良いから、確実に競り勝ってこそ意味がある。
だから、5回はバントという選択肢が、
100%の正解であって、
ヒッティングで、あわよくばビッグイニング狙いなんぞ、
ペナントレースでやるべき采配であり、WBC監督ならば、ハッキリ言ってただの意味不明采配だ。

2対3であれば、後々選手のモチベーションも違って、
逆転も十分あり得るはずだった。
結果、そのまま終わったとしても、それは実力不足だと納得できる。
ハッキリ言って、今日の試合内容は、不完全燃焼だ。


明日はキューバ。
野村監督なら、もっと良い成績を残せただろうが、
今更何を言っても始まらない。
なんとしても、明日は勝つしかない。
いや、勝たなければならないのだ。

mai_kuraki_love at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔